高麗人参茶 商品の特徴 評判

高麗人参茶の特徴をまとめてみました

POINT① 何百年も実践されてきた高麗人参の代表的な摂取方法

「煎じて飲む」。これが高麗人参の代表的な摂取方法です。特に冷えに悩む方や胃腸の弱い方などは、ノンカフェインの高麗人参茶をコーヒー代わりに飲んでみては。独特の香りや味がありますが、いっそのこと慣れてしまえば気にならないものです。水にも溶けやすい顆粒状ですので、最近では清涼飲料水やお酒に溶かして愛飲するツワモノもいるようです。

POINT② 信頼の「正官庄」ブランド

韓国政府お墨付きの「正官庄」ブランドです。6年根の高麗人参を皮を剥くことなくそのまま蒸して紅蔘を作ります。紅蔘には30種類にも及ぶサポニンが豊富に含まれていて、美容や健康維持に効果があります。

POINT③ サプリでは得られない即効性

タブレットやカプセルのサプリメントと違って、これは「お茶」です。冬場や夏のエアコンなどでに極度の冷えに悩んでいる時、夜よく眠れないで困っている時など、お湯でさっと溶いて飲むだけでカラダが温まってリラックスしてきます。

【成分】 ブドウ糖、高麗(紅蔘)エキス、乳糖、ナツメエキス、ビタミンC
【飲み方】 1日1~3袋を目安に、お湯などに溶かして
【価格】 1箱(30袋入り)4,725円/初回限定10日間トライアル980円
ご購入はこちらから

クチコミ

現場仕事の休憩時間はいつも高麗人参のお茶を飲んでます。いつも外で働く仕事なので冬の寒いときは体を温めて、暑い季節は夏バテ防止になるので、みんなに分けてあげてます。
二日酔いになりにくいと聞いて以来、お酒を飲んで帰ったら高麗人参茶を飲むようにしています。何にでも溶よくけるのでたまに「高麗人参茶割り」の焼酎を飲むこともあります。
高麗人参のお茶を飲むと、体の芯から温まってほっこりとした気分になれます。おかげでぐっすり眠ることができ目覚めも良く、朝から全開で動くことが出来ます。
よく言われる高麗人参の風味はぜんぜん気になりません。夕食後、煎じ薬を飲むようにずっと続けてきたから慣れちゃいました。
ご購入はこちらから

高麗人参茶 写真

ご購入はこちらから