高麗人参で得られる効果・効能

高麗人参で得られる効果・効能

高麗人参というネーミングから、八百屋さんやスーパーで手に入るにんじんに似たものを
思い浮かべる人もたくさんいるでしょう。
ですが高麗人参は、見た目こそ若干似てはいますが、一般のにんじんとはまったく異なるものなのです。
高麗人参の飲み方について等はこちらをご参考にご覧ください。

一般のにんじんにももちろん、カロテンやビタミンなどの栄養はたくさん含まれています。
でも、高麗人参は、漢方薬としても知っている人が多い通り、薬効成分があるのです。
だから日本では、八百屋やスーパーでは手に入らないのですね。

では、高麗人参で得られる効果・効能について見ていきましょう。
高麗人参には、ビタミンやミネラルといった栄養成分だけでなく、
ジンセノイドと呼ばれるサポニンの一種が有効成分として含まれています。
こちら、オールマイティーな効果のある高麗人参についての解説サイトも是非ご利用ください。

ジンセノイドには、中枢神経を刺激して血圧を上げ下げする効果があります。
血圧を上げ下げというと難しく感じる人もいるでしょうけど、要するに血圧が高い人は下げる効果が
低い人は上げる効果が得られると考えるとわかりやすいでしょう。

高血圧の人の血圧が下がると、血圧が正常に戻るだけでなく、
動脈硬化などの病気を未然に防ぐことができます。
病気になってしまった後からでも飲み始めれば、今後の再発を抑制する効能が得られます。

低血圧の人の血圧が上がると、血流が盛んになって慢性的な疲労感から解放されたり、
冷え性が改善されたりするのです。
つまり体が元気な状態になりますので、滋養強壮の効果があると言われているのにも納得ですね。

病院の薬だとどちらかの薬はどちらかしか飲むことができませんが、
高麗人参は両方の人が飲んでも適した効能が得られるというわけです。

ただこのジンセノイド、詳しい効果・効能つまり「なぜ、どのように効くのか?」という
医学的な根拠はまだはっきりとわかっていないとのことです。
これはとっても不思議なことですが、医学界で言えば麻酔もその部類に属していますので、
気にするほどのことでもないでしょう。
こちらhttp://blog.tingbaobei.com/のサイトの解説も是非、お読みください。